京なさけ

倉阪鬼一郎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    皿を食わせるのかと、客が怒る老舗京料理屋。時吉に立て直せるか?このままでは店が潰れる! 客をも見下す大女将と板長。二人の料簡違いを窘めんと、跡取りの願いで時吉は京へ。事態は思わぬ展開をみせ…。時吉とおちよの旅籠付き小料理のどか屋に、京から老舗料理屋の跡取りが訪ねてきた。時吉の料理の師・長吉が若い頃に修業した四条大宮の宮戸屋の若旦那・京造だった。父の死後、母と板長が形にこだわって心のこもらぬ料理しか出さぬので、客が怒って、このままでは店が潰れてしまう。なんとか料簡違いを窘めて店を立て直してほしいというのだ。時吉は京に行ったものの……。~本書に登場する小料理~・蛸のやわらか煮 ・蓮根せんべい ・烏賊の黄金扇 ・狸汁・常節の鹿の子煮 ・椎茸雑炊 ・里芋の柚子味噌がけ・秋刀魚の菊花巻き ・穴子の八幡巻き ・翡翠揚げ松葉刺し

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード