【最新刊】イスラム飲酒紀行

イスラム飲酒紀行

高野秀行

942円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「辺境作家」の著者は、毎日酒を飲まないと一日を終えられない。取材でイスラム圏にいるときも必死でご禁制の酒を探す。そこで見えてきたイスラム圏の“建前と本音”とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2012/12/28
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    文芸
    • イスラム飲酒紀行 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      イスラム飲酒紀行 全 1 巻

      942円(税込)
      9pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(56件)
    • イスラム飲酒紀行2011/07/08Posted by ブクログ

      紀行文と呼ばれるジャンルには、古くから名作が多い。その土地その土地の鮮やかな情景もさることながら、旅先で出会う人物や、料理も、魅力的な小道具となる。とりわけ酒をめぐるエピソードは、言語を超越したコミュ...

      続きを読む
    • イスラム飲酒紀行2011/07/23Posted by ブクログ

      スキなんだ。高野さんの本が。いつもいつも、UMAを探しに行ったり、アヘン王国に潜入したり、とんでもない紀行を見せてくれる。今回は、飲酒ご法度のイスラム圏内でいかに酒を飲むかという旅。とにかく「まずはビ...

      続きを読む
    • イスラム飲酒紀行2012/09/21Posted by ブクログ

      飲酒禁止のイスラーム国家で、この人アル中じゃない?と思えるくらいに酒好きの著者が、酒を求めて多くの人々と出会う。結構やばいことしてるけど大丈夫?と思ってしまう所もあり、それでも酒が飲めるならいい!とい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード