【最新刊】日本猟奇・残酷事件簿

日本猟奇・残酷事件簿
1冊

[著]合田一道/[著]犯罪史研究会

500円(税込)
ポイント 5pt

通常ポイント:5pt

最新刊を購入

カゴに追加

明治5年、歌舞伎役者との“不義密通”を重ねたうえに、主人を毒殺して世間を騒がせた「毒婦夜嵐おきぬ」事件、大正6年に発生した夫婦間でのサディズム・マゾヒズム殺人、昭和11年に起こり、現在でも語り継がれる阿部定事件、その1年前の昭和10年には、母親が娘と共謀して息子を殺すという日本で最初の保険金殺人が発生―。明治から昭和にかけて起こった凄惨でむごたらしい事件の背景には、近代日本の世相が反映していた。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード