【最新刊】十歳のきみへ―九十五歳のわたしから

十歳のきみへ―九十五歳のわたしから

日野原 重明(著)

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2011年10月、百歳の誕生日を迎えられた、聖路加国際病院理事長日野原重明先生が初めて書いた“子どもたち”へのメッセージ。いのちとは。家族とは。人間とは。若いきみたちに託したいこと。「生きるとは、からっぽのうつわのなかに、いのちを注ぐこと」。十歳の子どもたちに向けられた、やさしくわかりやすい文章で、日野原先生が語りかけています。刊行直後から、世代を越えた反響の声が続々到着。「孫へのプレゼントにします」「“新老人”の生き方の見本」「人生において一番大切なことは何か、子どもといっしょに考えるきっかけになりました」。かつて十歳だったあなたにも、ぜひ手にとってほしい1冊です。日本図書館協会選定図書。全国学校図書館協議会選定図書。本年度から、東京書籍の小学校国語教科書にも採用されています。日野原重明(ひのはらしげあき)プロフィール1911年、山口県生まれ。京都帝国大学医学部卒業。1941年、聖路加国際病院内科医となる。95年の地下鉄サリン事件では陣頭指揮を取り、同病院に、多数の急患を収容する。聖路加国際病院名誉院長、同理事長。医師としての活動の傍ら、子どもたちへの「いのちの授業」のため、全国各地を廻る日々を送る。主著に「生き方上手」「十歳のきみへ─九十五歳のわたしから」ほか多数。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/12/28

    レビュー

    4.1
    30
    5
    14
    4
    8
    3
    7
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/11/13Posted by ブクログ

      挿絵ははらだたけひでさん。私も絵本『フランチェスコ』を持っているんだけど、日野原さんの言葉に見事に合うんだよー。語られていることもとても素敵なことばかり。もし私が今、時々悩んだりする10歳の子供ならこ...

      続きを読む
    • 2012/03/22Posted by ブクログ

      娘が4歳の頃発売された本なんですが、その当時は自分が読みたくて購入。有名すぎる日野原重明さん、先日100歳になられた現役のお医者様の本ですが10歳の子どもに向けて行う実際の「いのちの授業」を本にしたも...

      続きを読む
    • 2012/10/19Posted by ブクログ

      今年101歳になられた日野原先生。
      先生がいわれるには、
      「寿命」は「自分に与えられた時間」。
      「いのち」は、寿命というからっぽの器の中に
      せいいっぱい生きた一瞬一瞬を詰め込んでいくイメージ。
      すごく...

      続きを読む
    開く

    セーフモード