紫電改の六機

碇義朗

600円(税込)
ポイント 6pt

海軍航空隊の最後の切り札――新鋭戦闘機「紫電改」を駆って戦い抜いた松山三四三空の六人の若者たちの生涯。昭和二十年七月二十四日の夏空に消えた空の男たちの苛烈な日々を、米軍パイロットの証言も得て描いた感動のノンフィクション。彼らは短い人生をいかに真剣に生き、どれ程の思いを残して死んでいったのか。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード