空母入門

佐藤和正

733円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界最初の空母「鳳翔」以来、高度な日本の造艦技術と海軍の伝統が生みだした数多くの名艦のすべてを、米英の空母の歩みとともに徹底的に解剖し、その波乱の軌跡をたどるファン必携の一冊。写真図版150点。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/10/03Posted by ブクログ

      タイトルからして入門なだけあって、非常にわかりやすい良書です。航空母艦とは何ぞや?から入ります。写真や図面も多く、目でも楽しめます。巻末の参考文献も気になるところ。

      洋の東西を問わず、同じ時期に同じ...

      続きを読む
    • 2008/04/27Posted by ブクログ

      主に空母とその戦術の誕生から第二次大戦までの発展を描く。
      太平洋における第二次大戦はまさに空母の闘いであった。
      当時未完成の艦種であった空母をいかに有効に使うか、日米両海軍の苦悩と努力が窺える。
      また...

      続きを読む
    • 2014/12/08Posted by ブクログ

      5隻以上の航空母艦を同時運用して、立体的戦術を作戦出来たのはアメリカ合衆国と帝国海軍のみである。そして、その事実は今も変わらない。未来も。

    開く
    [{"item_id":"A000093140","price":"733"}]

    セーフモード