マッキンゼーボーダレス時代の経営戦略

大前研一

1,571円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大前氏は「はじめに」でこう書く。マッキンゼー社全世界4000人のスタッフは「本来の仕事であるコンサルティング以外に、常に何らかの研究を行なっている。その大半は公表、出版するためのものではなく、スタッフの知識レベルを高めたり、研究成果を共有するための、いわばR&D報告である」「私は社内でも最も貪欲な読者の一人で、これらに目を通すのが習慣となっている」「それらの研究の中には日本の読者にも知らせたいことがたくさんあり、また、私の意見をつけて解説したいと思う場合も多い」。金融の無国籍化、21世紀企業への体質転換、クロス・ボーダーM&A、環境、R&Dマネジメント……世界で生き残るための戦略を学ぶ。

    続きを読む
    • マッキンゼー戦略シリーズ 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      マッキンゼー戦略シリーズ 全 5 巻

      7,855円(税込)
      78pt獲得

    レビュー

    • 2010/01/17Posted by ブクログ

      内容紹介

      成田空港が開港し、ガルブレイズの『不確実性の時代』がベストセラーとなった1978年(昭和53年)夏、軽井沢の万平ホテルで、経営者約40名を招待して開催された会合があった。「トップマ...

      続きを読む
    • 2010/01/16Posted by ブクログ

      本書は、マッキンゼーとして、そして戦略コンサルティングの一つの節目として
      出版されたものである。もちろん、大前氏も執筆に加わっている。
      経営戦略を語る上で、戦略コンサルティングファームほど適した組織は...

      続きを読む
    • 2009/06/07Posted by ブクログ

      成田空港が開港し、ガルブレイズの『不確実性の時代』がベストセラーとなった1978年(昭和53年)夏、軽井沢の万平ホテルで、経営者約40名を招待して開催された会合があった。「トップマネジメント・コンファ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000089340","price":"1571"}]

    セーフモード