婚活で五股愛、理想と友情に乾杯

綾瀬るか

324円(税込)
ポイント 3pt

山口春菜は広告代理店で営業の仕事をしている二十九歳になるアラサ―のOL。焦り始めた婚活に気合いを入れてきた結果、いつの間にか、お付き合いしている男の人の数が五人になってしまった。しかも、五人とお泊まり愛をしている。「毎晩、凄く気持ちよくしてもらえるって最高に幸せだよね」と、会社のお局様で春菜の盟友の茜先輩はマジ顔で言っていたことがあった。アレの相性がとても大事。春菜にとって一番大事なものはアレの相性。生物人類学の学説にはセックスの相性がよい男女は長生きするらしい。きっと仲良く暮らしていけるということなんだろうなと、春菜は思う。だから、テクが上手な男が理想的。それまでは春菜は、男はイケメンだとか、良い大学を出ているとか、年収が多いとか、出来れば親が金持ちとか、そんな基準で選んでいたから、なかなか出会いがなかった。男の人は表面だけじゃ分からない。実際に寝てみないと、本当のところ、お互いの相性がいいのか、性格がいいのかどうか分からない。『男って、寝てみないと分からないよね』この、茜先輩の口癖には重さがある。マジそうだと思う。春菜は、今までの保守的な自分の考え方を変えて、少しでもいいと思った男と、手あたりしだいに、寝てみることにした。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード