【最新刊】注釈・口語訳 本居宣長作「手枕」

注釈・口語訳 本居宣長作「手枕」

1冊

鈴木 文基

524円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本居宣長は、近世の国学者で、『古事記』の注釈等でよく知られています。彼は『源氏物語』についても『源氏物語玉の小櫛』等の注釈書で有名ですが、自宅での学塾鈴屋(すずのや)では門人に対し生涯に渡って『源氏物語』の購読をしていました。さて、『源氏物語』では何故か、その重要な登場人物である六条御息所(ろくじょうのみやすんどころ)と光源氏との出会いの物語が書かれていません。本居宣長は、『源氏物語』の語彙と文体を真似て、その経緯を空想して小さな物語を書きました。これが「手枕(たまくら)」です。

    続きを読む
    ページ数
    60ページ
    提供開始日
    2012/12/28
    出版社
    BookWay
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビュー投稿

    セーフモード