【最新刊】日本共産党の研究別巻 「スパイ査問事件予審調書」等資料集 

日本共産党の研究

立花隆

330円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『日本共産党の研究』の基礎資料となった、大森銀行ギャング事件(赤色テロ事件)の実行犯・中村経一の手記、スパイ査問事件の実行犯・木島隆明、袴田里見の予審調書を電子化。実行犯が語る生々しい犯行の現場を示す歴史的資料。

    続きを読む
    ページ数
    1183ページ
    提供開始日
    2013/02/15
    連載誌/レーベル
    立花隆全集
    • 日本共産党の研究 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      日本共産党の研究 全 3 巻

      1,650円(税込)
      16pt獲得

    レビュー

    • 2011/05/12Posted by ブクログ

       立花隆が戦前の日本共産党について膨大な資料と取材を基に調べ、共産党とは何だったのかについてまとめた圧巻の3冊(全部まとめてのレビューになります)。
       私の中では立花隆のシリーズは、田中角栄、宇宙飛...

      続きを読む
    • 2009/02/27Posted by ブクログ

      戦前は組織としてぐだぐだ、戦後は二枚舌。1975年時点での日本共産党を断罪するために書かれた本。この巻では日本共産党の戦前の歴史について莫大な資料(と筆者自身が書くのはどうかとは思うが)をもとにして書...

      続きを読む
    • 2017/05/31Posted by ブクログ

      [下部構造の暴露]主に戦前の日本共産党の歴史を、一次資料や関係者への証言を基に記した作品。その圧倒的な情報量と共産党の組織体制への批判から、特に70年代の中盤から後半にかけ、論壇をはじめとして右派・左...

      続きを読む
    開く

    セーフモード