センゴク天正記 10巻

宮下英樹

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

織田(おだ)家は西国へと戦線を拡大、羽柴秀吉(はしば・ひでよし)による播磨(はりま)平定戦は容易に完遂されるかと思われた。だが突如、三木(みき)城主・別所長治(べっしょ・ながはる)が織田家に反旗を翻し、戦局は一変。決死の籠城を選んだ鉄血の播州人に、秀吉は完全包囲による補給断絶、容赦なき“干殺し”を決行する……!!

続きを読む
  • センゴク天正記 全 15 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    センゴク天正記 全 15 巻

    9,900円(税込)
    99pt獲得

レビュー

  • 2011/05/22Posted by ブクログ

    戦場の臨場感はもはやブランドものと言ってもいいかも。
    細かい歴史は知らないので、そんなものだと思って読んでます。
    矛盾とかあるんですかね?

  • 2011/05/01Posted by ブクログ

    黒田官兵衛は今後活躍の機会があるでしょう。

    明智光秀の謀反につながる荒木村重の謀反が
    今回のポイントだと思います。
    明智光秀の謀反と荒木村重の謀反につながりがあると思っているのは、
    私だけかもしれま...

    続きを読む
  • 2011/05/12Posted by ブクログ

    ここから徐々に主要人物がいなくなるフェーズに突入するというところでしょうか。

    この巻の最後を見ると決して“幕間”とはいいたくないんだけど、全体の流れを考えると幕間の巻という気がしちゃうんだなあ

開く
[{"item_id":"A000095679","price":"660"}]

セーフモード