白虹

長岡良子

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    『修一郎と薫』シリーズ、三作目!大正八年、夜道で暴漢に襲われそうになっていた大阪朝日新聞の記者・長谷川万次郎を助けた修一郎と薫は、そのことをきっかけに「動乱の夏」とも言うべき季節へと巻きこまれていくことになる。列強国を目指してめまぐるしく変わっていく日本、その大きな胎動が伝わってくる連作集。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/06/09Posted by ブクログ

      修一郎と薫シリーズで最初に読んだのがこの本。そりゃ前後関係よく分からなくて戸惑うわ。この辺の時代を舞台にしたマンガはありそうでなくて、すごく興味があった。

    セーフモード