虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり

井沢元彦

658円(税込)
ポイント 6pt

「逆説の日本史」シリーズ「『言霊の国』解体新書」「逆説のニッポン歴史観」古来、現実よりも言葉の霊力に重きをなしてきた「言霊の国」ニッポンにあって報道の客観性は遠いところにあった。その精神風土を冷静に見すえることなく、迷妄なコトバ=記事をたれ流してきたのが大新聞の報道姿勢でなかったのか。新聞はウソをつかない“社会の木鐸”などの言葉が空しくなる虚報、ミスリードの連続を数々の事例を持って検証し、朝日新聞に代表される新聞ジャーナリズムの姿勢を問う。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

セーフモード