世界の紅茶 400年の歴史と未来

磯淵猛

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1700年代、英国の「アフタヌーンティ」の流行を発端にブームが始まった紅茶。さまざまな品種の茶葉が発見・開発され、やがて世界中に広がり、人々の生活の中に根付いた。現在、紅茶を飲む人口は世界中の4分の1にもなる。なぜ紅茶は世界中の人々に飲まれ愛されて続けてきたのか。紅茶研究の第一人者である著者が、紅茶界の変遷を語るとともに、最新情報をもとに紅茶の「未来」を考察する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/03/18Posted by ブクログ

      存在感でコーヒーに負けている感じのある紅茶ですが、
      コンビニなど紅茶飲料の種類はたくさん増えて売れているんですよね。
      紅茶の基本知識を知りますます紅茶が好きになりました。
      コーヒーよりも紅茶は体にもい...

      続きを読む
    • 2013/03/31Posted by ブクログ

      私の身体の中の水分は、7割ミルクティといっても過言ではない。あとの2割はお茶、1割は牛乳系である。このミルクティへの異常な愛ゆえに買ってしまったが、今のところ紅茶の淹れ方など(わたしにとって)実用的な...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/04/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000083053","price":"550"}]

    セーフモード