江戸の検屍官 3巻

高瀬理恵 原作:川田弥一郎

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

あまり知られていないことだが江戸時代の捜査にも検屍はあった。これは優れた検屍技術を持つ同心・北沢が医師と人相描きとともに、死体が語る真犯人を追い詰めてゆくデテクティブストーリーである。出会い茶屋での心中死体に不審を抱いた北沢は捜査を進めるうちに事件の背後に、町娘の玉の輿願望を巡る凄惨なライバル心を探り当てる。犯人がほどこしていた捜査方を欺く巧緻な偽装を引きはがしてみると、そこにいたのは意外な人物だった…江戸川乱歩賞作家・川田弥一郎の傑作小説を高瀬理恵が華麗な筆で描く、大江戸検屍推理譚第3作、堂々の登場です。

続きを読む
  • 江戸の検屍官 全 6 巻

    未購入巻をまとめて購入

    江戸の検屍官 全 6 巻

    3,618円(税込)
    36pt獲得

レビュー

3.6
3
5
1
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2013/02/27Posted by ブクログ

    原作では犯人が女性だった話をコミックではオカマにしたもので些か話が窮屈になってる。
    原作の最終話では その女性犯と丁々発止のやりとりが有るのだが。
    んでもってお月と彦太郎は はっきり書いてないけど「し...

    続きを読む
  • ネタバレ
    2013/01/27Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/01/17Posted by ブクログ

    今回は長い話でした。納得し辛い所もあったけど、複雑な母心が切なく、余韻の残る巻でした。

    北沢さんふんばれー

セーフモード