幽女の如き怨むもの

三津田信三

1,265円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    十三歳で遊女となるべく売られた少女。“緋桜”と名付けられ、身を置いた世界は苦痛悲哀余りある生き地獄だった。戦前、戦中、戦後、三つの時代の謎の身投げの真相は“幽女”の仕業か。何者かの為せる業か。謎と怪異に満ちる地方の遊郭を舞台に、ミステリランキングを席巻した“刀城言耶”シリーズ第六長編、文庫降臨。

    続きを読む
    • 刀城言耶シリーズ 全 8 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      刀城言耶シリーズ 全 8 巻

      7,628円(税込)
      76pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      久しぶりの本シリーズ。大好きで、文庫版は揃えてあるんだけど、なかなか手が回らない。で、私的ホラー特集の一環も兼ねて、このたび読了。いやいや面白し。普段とはちょっと趣向が違うのも素晴らしい。どこまで霊的...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      第一部と第二部から感じられる湿った厭な空気に背筋を寒くしつつ、第三部に衝撃を受けた。その分、第四部の謎解きは面白かったが、怪談めいた恐ろしさは感じられなかった。
      ラストの怖さはあまりないものの、言耶で...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      このシリーズは以前読んだが、事件の関係者の扱いがおざなりだったのが不満だった。
      怪異を体験する視点人物としてメインで描写され、読者も感情移入していたキャラなのに、事件後のフォローが至らないというかなん...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001556305","price":"1265"}]

    セーフモード