【最新刊】夏を喪くす

夏を喪くす

原田マハ

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    範子―偶然目にした詩が、自分たちを捨てた父親の記憶を呼び起こす。陽菜子―意識不明の夫の口座に毎月お金を振りこみ続けていた人物と対面。咲子―不倫と新たな恋。病気を告知され自分の願いがわかる。麻理子―行方不明の親友と暮らしていたNYのアパートを、7年ぶりに訪れて。―その瞬間、4人の女性は何を決意したのか?『楽園のカンヴァス』で2012年文芸界の話題をさらった新星が揺れ動く女性たちの心情を描いた傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(74件)
    • 夏を喪くす
      2012/11/06

      40歳を過ぎた頃から突然立ちはだかる女性特有の壁。
      病、家族、介護、孤独、それは人それぞれだが、必ず何か困難がの待ち受けている。
      その困難と戦うのではなく、その困難をも自分の人生のそのものとして受け入...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夏を喪くす
      2014/03/04

      原田さんの描く女性は、出来ますね~。
      かっこいい女性が多いです。
      でも、その裏で抱える苦難や葛藤が切ないです。
      そんな彼女たちが光を見つけ、次へのステージに向かいます。

      この4作品の中では、『ごめん...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 夏を喪くす
      2016/11/12

      そうそう、中・短編集はこうじゃなくちゃ。4つの物語はどれも読んでいるうちに「じん」ときて。あまりの満足度に、読み終わって確認したら4つしかなかったんだと驚いて。はぁ、とため息とともに最終頁を閉じました...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード