【最新刊】ダウン・バイ・ロー

ダウン・バイ・ロー

深町秋生

796円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    衰退を続ける地方都市に倦く女子高生・響子の目の前で、幼馴染の遥が電車に飛び込み自殺する。以来、響子の耳には死んだ遥の悲痛な囁きが聞こえてくる。続いて起こる児童惨殺と飼い犬殺し、男友達の失踪。ついに牙を剥く荒んだ町の暗部の正体は?渇いたバイオレンスの深町節が炸裂する書下ろしミステリー。「ダウン・バイ・ロー」――アメリカの刑務所のスラングで「親しき友を見守る」という意味。(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2012/10/17Posted by ブクログ

      同著者の「ヒステリック~」と同系統の作品かな?
      現代社会の闇と、それに否応なく巻き込まれる少年・少女を主人公に据えて展開する物語が深町節で展開する感じ
      ぃゃ実際、読後感がいいとは決して言えないんだけど...

      続きを読む
    • 2018/03/11Posted by ブクログ

      疲弊する地方都市に住む女子高生が主人公。貧しい暮らしから必死に這い上がろうとする彼女の周辺に次々事件が起こる。目の前で列車に飛び込んだ友人、惨たらしく殺された少年、有力者の愛犬惨殺事件…。真実を追求す...

      続きを読む
    • 2013/11/17Posted by ブクログ

      酷い展開を覚悟(期待?)して読んだけど、それほどではなかった。地上波で放送できそうなレベル。
      黒幕(?)がぽっと出てきた感じなのに存在感がヤバイ。

    開く

    セーフモード