【最新刊】吸涙鬼

吸涙鬼

市川拓司

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    17歳の女子高生・美紗の前にあらわれた不思議な魅力の転校生・榊冬馬。満月の夜、屋上庭園で意識を失ったところを冬馬に助けられた美紗は、二十歳で死ぬ病気に罹っていることを冬馬に告白する。次第に体が弱り病室のベッドに伏せる美紗を訪ねた彼は美紗の病気を治すという――二人触れ合って、ともに生を願うという方法で。美紗と冬馬の愛は至上の高みに昇りつめる。ところが実は冬馬は吸涙鬼種族の一人だった。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      文庫で久々に市川拓司。

      一時のようなどはまりはないものの、やっぱりこの人の世界観というのは独特だなと思う。

      最新作読んでないんですけどね。買ってそのままの状態。

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ウエットな恋愛もののような出足から一転、物語はファンタジー的色合いが強くなる。
      ただ、やり過ぎではなく節度があるので、落ち着いた心に沁みる作品に仕上がっていると思います

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      愛を信じるすべての人のために。人の涙を吸って、ひっそりと生き延びる種族がいた。愛するがゆえに身を引かねばならない悲しい性.彼らの幸福とは・・・。どちらかいうと恋愛小説よりもファンタジ小説に近いかもしれ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード