【最新刊】世界でいちばん醜い子供

世界でいちばん醜い子供

1冊

浦賀和宏

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幸せだった日々を、孤独の底へと突き落とした“彼”との別れ。塞ぎ込んでいた純菜のもとへ一通の手紙が届けられる。その差出人こそ、2年前に巻き込まれた呪わしき轢き逃げ事件の関係者だった!恨み続けた犯人への手掛かりを掴んだ純菜は復讐を誓うが、同時に彼女の命は何者かの存在によって脅かされる。そして迫る、絶体絶命の大ピンチ!メフィスト賞受賞作家が描く、青春の痛みと命の危機!(講談社ノベルス)

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.1
    6
    5
    0
    4
    1
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/04/19Posted by ブクログ

      松浦純菜シリーズ6作目。
      前作『さよなら純菜 そして、不死の怪物』と対をなす物語?純菜視点。
      純菜の過去のひき逃げ事件に大きな進展(解決?)。
      ついに純菜の""力""が発揮された…のか?
      読後感はいい...

      続きを読む
    • 2013/09/03Posted by ブクログ

      『上手なミステリの書き方教えます』から入って、シリーズ9作のうち順不同で2から6作目までを読んだことになる。およそ半分。だが、ここまで来てもまだ『能力』そのものずばりな描写がないわけで。起きている現象...

      続きを読む
    • 2009/03/03Posted by ブクログ

      松浦純菜シリーズその6。

      憧れのアイドルが最前席のチケットを送ってくるなんて、さんざん少女漫画で使い古されたシチュエーションだけど、やっぱりイイね。

      イヤ、この話のポイントはそこじゃないのかも...

      続きを読む
    開く

    セーフモード