【最新刊】子どもの脳の発達 臨界期・敏感期 早期教育で知能は大きく伸びるのか?

子どもの脳の発達 臨界期・敏感期 早期教育で知能は大きく伸びるのか?

榊原洋一

715円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    子どもの早期教育は何歳から始めればよいのか、あるいは無用なのか。「早期教育については、すでに多くの本が出ているが、その理論的根拠とされる乳幼児の脳の臨界期ないしは敏感期について、きちんと科学的分析を加えた本はなかった」と語る著者が、親としては何かと気になる早期教育と子どもの脳の発達の相関関係を医学的に解明する。早期教育と脳の発達の関係を科学的に解く!

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/11/15Posted by ブクログ

      なるほど、似非科学にやられてる部分があった。
      そう思わせられる話。
      早期教育についての諸説は聞いたことがあっても、その検証については知らないことが多い。
      あまり面白くないから。

      結局のところ、早期教...

      続きを読む
    • 2014/09/01Posted by ブクログ

      『シナプスの数が多ければ優秀』という子育てに対するステレオタイプをエビデンスベースで否定している。おもしろい。

    • ネタバレ
      2011/04/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード