【最終巻】I【アイ】 3巻

完結

いがらしみきお

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    農場での惨事を経て、一人残された雅彦。「神様」の姿を追い求める彼は、自らの手で己の目を潰した。不自由な生活の中、それでも「神様」に近づいていることを感じる雅彦。妻・加代子の支えを得て、焼き物を生業とし始めてからも、雅彦の「神様」を求める心は収まることがなかった。そして長い時が過ぎ、2011年3月。東北地方を強い地震と大きな津波が襲った――。手塚治虫文化賞に二年連続ノミネートされるなど、高い評価を得た著者の渾身作、堂々の完結。

    続きを読む
    • I【アイ】 全 3 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      I【アイ】 全 3 冊

      1,980円(税込)
      19pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(3件)
    • 2013/08/30

       神はどこにいるのか。神を探し求めた物語の終焉が描かれた最終巻。

       神はいる。この最終巻では神に会うことができた雅彦を描いていました。神はどこにいるのか、多くの作品でそんなことがつぶやかれていますが...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/12/17

      静かに話は進む。 マー君からの世界は止まったかのように独りごち、周りの世界とのズレがえらく早く感じられる。 オーソドックスな神の認識から続く最後の言葉は震えた。

      Posted by ブクログ
    • 2018/06/06

      視線の及ぶ世界の全てが完璧であること。普遍的な恐怖を基調とし、その感覚が現象として(哲学として、ホラーとして)拡張されていく様子にグイグイ引き込まれる。どんなに突拍子のない展開でも、いがらしみきおのマ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード