【最新刊】P.S.アイラブユー

P.S.アイラブユー

谷川史子

437円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

ドイツ語専門の翻訳家として働く伊勢一三子・33歳独身。仕事に生きがいを感じて没頭する日々の中、図書館でひょんなことから出会った少年・草市とひとときを過ごすようになり…。表題作ほか、彗星が地球に近づくその日の人々を描いた読切りシリーズを収録。【収録作品】Room201/告白物語

続きを読む
ページ数
196ページ
提供開始日
2012/11/30
連載誌/レーベル
コーラス
出版社
集英社
ジャンル
女性マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューコメント(41件)
  • P.S.アイラブユー2017/02/21Posted by ブクログ

    ドイツ語の翻訳家として頑張ってきたイサコ。結婚もせずに仕事に打ち込んできたけど、親に孫の顔がみたいなどと言われて自分の選んだ道が正しかったのか迷う。

    正しい、正しくないではなくて、何がしたいか、何を...

    続きを読む
  • P.S.アイラブユー2009/10/12Posted by ブクログ

    短編集なんだけど、はずれなし。ココロに染みました。表題作は読み応えがあったし、小説家の女の子の話は、仕事を大切にする女子として、強く共感しました。でも、サクマくんみたいな男の子はなかなかいないよなあと...

    続きを読む
  • P.S.アイラブユー2013/11/28Posted by ブクログ

    表題作「P.S.アイラブユー」が素晴らしい。

    主人公はドイツ小説の翻訳家の女性。仕事一筋で生きてきてもう三十路過ぎ。
    ある日、夏休みで帰省してきた小学生の少年に出会い、自分よりも一回りも年が違う純朴...

    続きを読む
開く

セーフモード