【最新刊】“古代幻想ロマン”シリーズ 春宵宴(シュンショウエン)(2) 15巻

“古代幻想ロマン”シリーズ

15冊

長岡良子

432円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    時は平安。やんちゃでおてんばな姫君・薫子が、触れ、感じ、思い悩んだ世相は、一見華やかなりし貴族の世の陰であった……。

    続きを読む
    ページ数
    204ページ
    提供開始日
    2012/12/21
    連載誌/レーベル
    ミステリーボニータ
    出版社
    秋田書店
    ジャンル
    少女マンガ
    • “古代幻想ロマン”シリーズ 全 15 巻

      未購入巻をまとめて購入

      “古代幻想ロマン”シリーズ 全 15 巻

      6,480円(税込)
      64pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    1
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/01/04Posted by ブクログ

      実家にあった本を持って帰る。
      万葉集を編纂した大伴家持の話なのだけど、家持が全然カッコよくない!
      確かに政治的には評価されずに、出世もできずに、歌ばっかり集めてた人みたいだけど。
      ある程度名門のお家な...

      続きを読む
    • 2007/02/17Posted by ブクログ

      長岡良子の描く古代幻想ロマンシリーズのひとつ。
      これは、藤原不比等を主人公にした
      一連の物語の中の元となるエピソードで、
      このあと「眉月の誓(まゆづきのちかい)」
      という全4巻の連載へと続きます。

      ...

      続きを読む
    • 2006/07/07Posted by ブクログ

      長岡さんの描く歴史はとにかく魅力的です。
      このほかに倭姫を主人公にした漫画など歴史シリーズは古代好きの方には是非読んでいただきたい漫画です。

    セーフモード