幻月楼奇譚

今市子

586円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、老舗の高級味噌屋の若旦那。名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。そんな彼のご贔屓は、怪談にしか能がなく、金次第でなんでもする曲者の幇間(たいこもち)・与三郎(よさぶろう)。嘘か真実か若旦那、与三郎に言い寄って!?吉原の料亭「幻月楼(げんげつろう)」の座敷を夜ごと彩るのは、人の世の欲望とあやかしが織りなす不思議語り。

続きを読む
  • 幻月楼奇譚 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    幻月楼奇譚 全 5 巻

    3,153円(税込)
    31pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2006/10/04Posted by ブクログ

    限りなく昭和初期に近いある時代(笑)吉原の『幻月楼』を舞台に幇間(男芸者)と老舗味噌屋の若旦那が繰り広げる、ちょっと不思議な人間模様…ッテ感じか。いやねぇ〜…今市子さんの作品は感想書くの難しいんですよ...

    続きを読む
  • 2011/05/14Posted by ブクログ

    昭和初期。
    高級味噌の老舗の跡継ぎが、花街で出会った男芸者こと幇間。
    父がその店の帰りに階段から落ちて急死したのだ。
    幇間とは、客の取り持ちなどをする男性。
    変わり者の味噌屋の若旦那は何やら過去のある...

    続きを読む
  • 2004/10/07Posted by ブクログ

    素晴らしいです。何がって、ヘタレメガネっ子の与三郎が。そして何気に与三郎に本気になっている若旦那もかなりOK。一応微妙にホモながら、それと関係なく幽霊っぽかったりミステリっぽかったりするストーリーもス...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000081004","price":"586"}]

セーフモード