【最新刊】木野塚佐平シリーズ (2) 木野塚佐平の挑戦だ

木野塚佐平シリーズ

2冊

著:樋口有介

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現職の総理大臣が急逝し大混乱の世間をよそに、美人ニュースキャスター香川優子の姿に煩悶する木野塚氏。ダブル不倫、ホモの失踪事件、おなじみ高村女史からの無理難題を解決しては、糊口をしのぐ毎日。そんなある日、電波系オタク男からの依頼、中年女からの盗聴の相談と、事務所に続々寄せられる妙な仕事。さらには、あの香川優子をじかに訪ねる機会まで……。抱腹絶倒、呵々大笑、ケニアから帰国した桃世とともに、木野塚氏は今日も行く。ユーモア・ハードボイルド長編。シリーズ第2弾!

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫
    • 木野塚佐平シリーズ 全 2 巻

      未購入巻をまとめて購入

      木野塚佐平シリーズ 全 2 巻

      1,155円(税込)
      11pt獲得

    レビュー

    3
    31
    5
    0
    4
    8
    3
    16
    2
    6
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2017/11/25Posted by ブクログ

       ユーモア小説である。主人公である経理一筋37年で定年退職した警察OBが探偵事務所を始め、たまたま採用した若い女の子が秘書というか助手として大活躍するというストーリーである。
       その主人公が木野塚佐平...

      続きを読む
    • 2016/08/28Posted by ブクログ

      4
      定年を過ぎてから私立探偵を始める木野塚氏。憧れの事務所を開設しなんだかんだでうまくやってるところがすごい。
      桃世という助手にも恵まれ、ほのぼの感漂う探偵話が面白い。
      ハードボイルドに憧れており吸え...

      続きを読む
    • 2016/08/28Posted by ブクログ

      3.5
      相変わらず木野塚氏の言動が面白い。還暦でこのバイタイリティはすごい。
      桃世の策士な名助手な感じも面白い。
      時の内閣を相手にするスケールのでかすぎ感はあるが、なかなか面白い。

    開く

    セーフモード