誰もわたしを倒せない

著:伯方雪日

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    後楽園のゴミ捨て場に遺棄された死体は、なぜか頭頂部の髪を無惨に刈り上げられていた。事件を担当するのは所轄の刑事三瓶と格闘技マニアの新人・城島のコンビ。被害者はカタナという名の気鋭レスラーではないか――城島の推測を元に二人は事件関係者の聴取に奔走するが、次いで被害者の出自を知る男が自殺を遂げ、捜査は難航する。老練の刑事である三瓶も頭を抱える最中、城島は不思議な魅力を湛えた新人レスラー・犬飼の鋭い指摘を受けて事件を追ううちに、意外な目撃証言を手にするが……。覆面レスラー殺人事件と、容疑者の怪死が描く構図が推理を経て鮮やかに反転する「覆面」ほか、トリッキーな試み溢れる本格推理連作集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/10/09Posted by ブクログ

      プロレスや格闘技の世界を舞台とした本格ミステリ連作短編集。本格ミステリは色々な世界に溶け込み、その世界を本格ミステリとして再構築してしまう力をもっています。しかしもちろんのこと相性というものがあります...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2012/12/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/12/17Posted by ブクログ

      プロレスとバーリ・トゥードをテーマにした連作ミステリー。

      どんでん返しがとにかく秀逸です。4つの短編が収録されていますが、いずれも終盤であっと声をあげること請け合い。特に第三話は秀逸。見事にひっかか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード