【最新刊】暗闇のセレナーデ

暗闇のセレナーデ

1冊

著:黒川博行

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    有名彫刻家に嫁いだ姉の家を訪ねた、美大生・美和と友人・冴子。そこで瀕死の状態の姉・雅子を発見する。病院に運ばれた雅子は、一命は取り留めるものの記憶喪失に陥った。雅子が運び出された後のアトリエは密室状態、そして夫は行方不明。自殺未遂、殺人未遂の両面で警察の捜査が進む中、美和は、冴子とともに独自の調査をはじめる。姿を消した義兄の行方を追う中で、事件の意外な真相が明らかになっていく。美術界の暗部で起こった事件に、女子大生コンビはいかなる推理を導き出すのか――。軽妙なタッチでつづられた黒川博行の初期本格作品。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    創元推理文庫

    レビュー

    3.6
    5
    5
    0
    4
    3
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/12/12Posted by ブクログ

      なんか知らんけど、一気読みとはいかんかったなあ。密室トリックなど文章では直ぐに理解できひんで。正直、読んでて何やら面倒くさかったというのが感想ですわ。
      やっぱ、好きなんは後の作品やなぁ。

    • 2016/01/28Posted by ブクログ

      黒川博行の、初期本格長編。
      バランスがとてもよい。トリックのリアリティや、登場人物たちの掛け合い、美術界や技法の豆知識、当時の女子美大生の生態、刑事ものとしての各シーン…
      様々な小さい魅力が上手く作用...

      続きを読む
    • 2012/05/16Posted by ブクログ

      とある自殺未遂事件(他殺の可能性あり)に遭遇した京都の美大に通う2人の女子大生が。警察を出し抜こうと独自にデコボコ捜査をする、というミステリー。

      1985年に出版された小説ということで、以前読んだ「...

      続きを読む
    開く

    セーフモード