【最新刊】江神シリーズ (6) 江神二郎の洞察

江神シリーズ

著:有栖川有栖

865円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    英都大学に入学したばかりの一九八八年四月、ある人とぶつかって落ちた一冊――中井英夫『虚無への供物』――が、僕、有栖川有栖の英都大学推理小説研究会(EMC)入部のきっかけだった。アリス最初の事件ともいうべき「瑠璃荘事件」、著者デビュー短編「やけた線路の上の死体」、アリスと江神の大晦日の一夜を活写した「除夜を歩く」など、全九編を収録。昭和から平成へという時代の転換期を背景に、アリスの入学からマリアのEMC入部まで、個性的なEMCメンバーたちとの一年を瑞々しく描いたファン必携の傑作短編集。/解説=皆川博子

    続きを読む
    提供開始日
    2017/05/29
    • 江神シリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      江神シリーズ 全 4 巻

      2,845円(税込)
      28pt獲得

    レビュー

    3.8
    628
    5
    163
    4
    239
    3
    201
    2
    24
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/10/20Posted by ブクログ

      四国山中に孤立する芸術家の村へ行ったまま戻らないマリア。英都大学推理研の一行は大雨のなか村への潜入を図るが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された江神・マリアと、望月・織田・アリス...

      続きを読む
    • 2014/07/27Posted by ブクログ

      月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)

      夏合宿のために矢吹山のキャンプ場へやってきた英都大学推理小説研究会の面々―江神部長や有栖川有栖らの一行を、予想だにしない事態が待ち構えていた。矢吹山が噴...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/05/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード