【最新刊】天狗と神隠し

天狗の嫁取り

4冊

高尾理一/南月ゆう

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ――愛してるよ。お前が思うよりずっと、深く愛してる天狗の水篶は、かつて少年の冬征を助けた。冬征が成長するにつれ二人は想いを寄せ合うようになるが、天狗の体液は人間の毒で…。「水篶を裸にして、隅から隅まで見て、探検して、思いっきりいやらしいことをして……そんなことばっかり考えてるよ……」――天涯孤独の天狗・水篶は、山で迷子の少年・冬征に出会う。天狗と人間は共に生きることはできないと知りつつも、二人でいる日々はとても楽しかった。やがて成長するにつれ、冬征は水篶へ一途な想いをぶつけ、水篶もまた彼を愛しく想うように。しかし、冬征の精液は水篶の糧となるが、その逆は毒。そのため、最後の一線を越えられずにいた二人だが…。

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2016/11/01
    連載誌/レーベル
    シャレード文庫

    レビュー

    3
    11
    5
    0
    4
    4
    3
    5
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2015/09/29Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/05/25Posted by ブクログ

      ★3.2
      もっと軽く読めるファンタジーかと思ったらわりと重かった。2人の関係が始まるきっかけとか雪宥の親のこととかモヤモヤ。天狗の精なしでは生きられないって設定、普通なら萌えるはずなのにこれに関しては...

      続きを読む
    • 2015/04/25Posted by ブクログ

      高尾さんの人外もの。天狗が闊歩する山に迷いこんだ人間が襲われそうになるが、ある天狗に身体を奪われることで窮地を逃れる。だがそのせいで互いの精なしでは生きられなくなり、攻の館に身を寄せることになる。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード