結婚嫌いの大富豪 【狂熱の恋人たち II】

レイチェル・ベイリー 翻訳:雨宮幸子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「すぐこちらに来てくれないか。きみの助けが必要なんだ」大会社の重役であるマシューからの電話に、スザンナは青ざめた。彼とは3年前に1度会っただけ。隣には、彼の妻がいた。だがその妻はすでに亡くなり、ひとり息子は重病で入院しているという。しかもある理由で、息子を助けられるのはスザンナひとりなのだ。どうして断れるだろう?飛行機に飛び乗った彼女はマシューに迎えられ、自宅へ招かれる。重荷を背負い、疲れた様子の彼を見ると、スザンナの胸はうずいた。彼をこの腕に抱いて慰め、心の傷を癒してあげたい。やがて、言葉を交わすうちにふたりの体が触れ、唇が触れあって……。

    続きを読む
    • ミニシリーズ:狂熱の恋人たち 全 7 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      ミニシリーズ:狂熱の恋人たち 全 7 冊

      3,850円(税込)
      38pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント
    • 読み始めと読み終えるころでは文章が稚拙になってる気がする。あちらの人は死別1年でさぁ次行こうぜってなるのが普通なの?それともハーレ世界が特殊なの?早いよねぇ。代理出産もの。よく似た話を既に読んだことが...

      続きを読む
    • 再読。前妻の立場で設定を言うと、ラブラブで結婚したけど不妊で代理出産を決めたが自分の卵子は使えずそれでも子を慈しんでいたが夫とは不仲になり離婚の話し合いのとき夫から気晴らしの旅を提案され無理やり気味に...

      続きを読む

    セーフモード