夏の前日 5巻

完結

吉田基已

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

華海(はなみ)は簡単に涙をながし、「哲生(てつお)君が彼氏だったらよかった」と哲生に言った。晶(あきら)は決して泣くことはなく、「じゃあ、またね」いつもそう言って、哲生を見送った。孤独に満ちた哲生を愛した晶と、そのやさしさに応えたかった哲生。それは永遠の片思いのような恋――。ふたりの長い夏の前日、終幕――。

続きを読む
  • 夏の前日 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夏の前日 全 5 巻

    3,300円(税込)
    33pt獲得

レビュー

4.2
8
5
4
4
2
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/09/05Posted by ブクログ

    いろいろ噛み締めて、振り切ったラスト。嫌いじゃないです。
    人の心って面白い。じわじわと積み上げてきた衝動が堰をきったときが見もの。
    夏の前日、ってタイトルに相応しく、ひまわり、青空、日傘、海、たくさん...

    続きを読む
  • 2014/08/10Posted by ブクログ

    最終巻。予想できた結末。結末も含めた上で悲しいというより羨ましいという思いがつよい。あと晶ねこはおもわずニヤニヤしてしまう。

  • 2014/08/08Posted by ブクログ

    哲生は、最後まで身勝手で好きになれなかったが、ラストシーンを読んだら、すとんと、これで良かったと思えた。

開く
[{"item_id":"A000295337","price":"660"}]

セーフモード