夏の前日 4巻

吉田基已

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

それは、ある日突然だった。「はなみ」が、森の彼女、小早川華海として現れた。戸惑う哲生の心の壁を、あっけなく越えてくる。晶がしてくれたように、晶にやさしくしたい、晶のことだけを考えていたい、はずなのに――。

続きを読む
  • 夏の前日 全 5 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    夏の前日 全 5 巻

    3,300円(税込)
    33pt獲得

レビュー

  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    目次だけでも内容が読めてしまうかも、とスルーして読み進めてたけど、21話「華海」からの22話「華海 華海」で、もうそれだけで苦しくなる。

    美しい物に惹かれてしまうのは絵を描く人間としてはしょうがない...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    「親友の彼女」として登場した華海。華海に少なからぬ好意をもっていた哲生にとっては、遠ざけておきたい存在だった。しかし華海の髪に触れ、華海の名前を口にし、華海本人は哲生の心の壁をいともたやすく乗り越えて...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    安定の基已節炸裂。ホントダメな主人公描かせたら最高だよね。水銀が今ひとつなのは、森があれで全然ダメ野郎じゃないからなんだなと、再確認する、青木君のダメダメっぷりが愛おしい。

開く
[{"item_id":"A000152728","price":"660"}]

セーフモード