【最新刊】珈琲時間

珈琲時間
1冊

豊田徹也

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    コーヒーがあるだけで、世界はこんなに美しい。「コーヒー」をモチーフにした芳醇な短編集。チェロ弾きの女性が出会った、怪しいイタリア人(?)。映画監督を名のり、コーヒーをたかる彼の振る舞いはいかにもうさんくさいが……?登校拒否の少女が一人暮らしの叔母を訪れ、いっしょに生豆を焙煎し淹れたてのコーヒーを味わう……。などコーヒーにまつわる様々な物語を17編収録。

    続きを読む
    ページ数
    209ページ
    提供開始日
    2012/12/07
    連載誌/レーベル
    アフタヌーン
    出版社
    講談社
    ジャンル
    青年マンガ
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3.9
    67
    5
    20
    4
    27
    3
    14
    2
    6
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/23Posted by ブクログ

      前、読んだ漫画を
      もう一度、読み直してみる巻 Vol.32

      「珈琲」関して短編が沢山、入ってて楽しめて好きなんだよなー。改めて読んでも。 特に第3話”すぐり”と第7話”深夜+1”がGood!! 因み...

      続きを読む
    • 2019/04/02Posted by ブクログ

      映画のような読了感のお話が沢山。絵も素敵です。
      銀杏用の炒り網でコーヒー豆を焙煎するシーンが一番好きで、笑顔で銃を構えるおばあさんが格好いいです。

    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      一編一編がそのまま短編映画にしたいような、味わいの深さ。切り取られたワンシーンが、どこから来て、どこに行くのか気になるような。そして、少しずつつながりあって、最後に大きなリンクとなるのがカフェ・ミジン...

      続きを読む
    開く

    セーフモード