四月は君の嘘 4巻

完結

新川直司

453円(税込)
ポイント 4pt

通常ポイント:4pt

有馬公生(ありま・こうせい)がコンクールの舞台に帰ってきた――。そして、そこには成長したかつてのライバル達が待ち構える。大本命と噂される相座武士(あいざ・たけし)は、圧巻のショパンを披露。井川絵見(いがわ・えみ)は力強い音色を奏で始める。「有馬公生を否定する」ために弾きつづける少女の旋律とは?そして、ブランクと音の聴こえぬハンデを背負う元天才少年の演奏は?

続きを読む
  • 四月は君の嘘 全 11 巻

    未購入巻をまとめて購入

    四月は君の嘘 全 11 巻

    4,983円(税込)

レビュー

4.2
29
5
11
4
13
3
5
2
0
1
0
  • 2019/02/21Posted by ブクログ

    初読。思春期・青年期におけるライバルの存在は、とても大きいものだという考えに同意。もっとも同士ではダメなのかと言われれば、そんなことは毛頭ないだろう。それに大人になっても、競争する相手がいることは自ら...

    続きを読む
  • 2019/01/02Posted by ブクログ

    「響け響け私のピアノ響け響け」 コンクールのライバルたちが抱く公正への強烈な競争心、憧れ。人は誰かのために何かを頑張るからこそ輝ける。

  • ネタバレ
    2018/06/05Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
もっと見る

セーフモード