ケダモノの唄 下巻

楠桂

540円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

さて、唯の支えで回復した乙葉だが、真犯人を捜しに廃病院に行き、そこで唯は惨殺されてしまう…そこへ唯の双子の姉・草加悠が転校して来る。復讐に来た悠は、乙葉だけに心を許すが、唯は苛め激化の結果殺された事がわかる。共犯の生徒達が自ら壊れていく中、苛めの主犯格が信頼していた筈の乙葉であった事が判明。一体何故?唯はどうする?思春期少女たちの女子校サイコミステリー完結!!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

2
1
5
0
4
0
3
0
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2013/06/16Posted by ブクログ

    いじめと通り魔事件が絡んだサスペンスホラーということで、
    期待して借りたが、イマイチだった。
    真犯人(黒幕)が誰か、すぐわかっちゃうし……。
    コアなファンじゃない一般読者には、
    上下分冊にして話を引っ...

    続きを読む
  • 2009/09/17Posted by ブクログ

    上下巻買っちゃいました。最近楠先生が好きです。ただ、これはちょっとハズレかも?もっともっとメチャクチャなどろどろしたのが好きです。これはまだまだ甘いほうです。2冊に詰め込みすぎた気がします。登場人物を...

    続きを読む

セーフモード