津軽 -まんがで読破-

原作:太宰治 企画・漫画:バラエティ・アートワークス

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ありがとう故郷…さようなら友よ!昭和19年、物資不足の戦時下。生まれ故郷の青森を舞台にした執筆の依頼を受けた小説家・太宰治は、取材のために津軽地方各所を巡る旅に出る。そこで久しぶりに会う友人や身内とのふれあいのなかに、太宰はある想いを強くしていく──。太宰治の本質が見出すことができる自伝的な紀行記『津軽』を、初期の小作品『ロマネスク』とあわせて漫画化!

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.3
    3
    5
    2
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/10Posted by ブクログ

      2015年8月10日読了。「まんがで読破」シリーズ、太宰治の「ロマネスク」「津軽」を収録。太宰作品は結構読んでいるつもりだったがどちらも未読の作品、じんわりとしたユーモアとかなしみが漂いマンガながらど...

      続きを読む
    • 2018/09/23Posted by ブクログ

      まんがで読破を読破するシリーズ。
      青森を旅行することになったので、予習を兼ねて先に「津軽」を読んでみた。金木、小泊、竜飛岬と旅したけれど、現地も太宰推しなので、予備知識として知っていてよかった。斜陽館...

      続きを読む
    • 2015/10/20Posted by ブクログ

      『人間失格』、『斜陽』、という暗いイメージとは逆の太宰が故郷を巡る津軽を旅行記である。
      懐かしい友人、兄弟、当日子守として慕っていたタケなど人間味溢れる内容が記されている。

      暗くて自殺したダークな太...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000078201","price":"550"}]

    セーフモード