【最新刊】プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」

プロ野球にとって正義とは何か―落合解任と「プロの流儀」vs.「会社の論理」
1冊

手束仁

637円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    スキャンダルがあったわけでもなければ本人の体調不良でもない。明快な理由がないままの解任。傍から見れば衝撃的でもあり、不可解な要素を残したままの解任劇。じつは、その背景には、球団の経営事象を含めて複雑な問題が絡んでいた。その真相は……。果たして「契約」という理由だけだったのだろうか。いったい、プロ野球の求めていくべきものはなんなのだろうか。勝つことがすべてなのか。それとも、勝つことだけではない、もっと違う別の何かが存在するのだろうか。プロ野球経営とは、その勝つことだけではない「何か」を求めて突き進んでいくものだろうか。ファンにとって、監督・選手にとって最高の球団経営とはどんなものなのか?そして、本当の意味でプロ野球のファンサービスとはなんなのか。ドラフト取材歴30年、現場取材主義の著者が徹底検証!

    続きを読む
    ページ数
    207ページ
    提供開始日
    2012/11/16

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード