プラハの春とおく 【五木寛之ノベリスク】

五木寛之

87円(税込)
1%獲得

0pt(1%)内訳を見る

    塙竜彦は新婚旅行で妻・杏子とプラハを訪れた。竜彦は私立高校の教師で、杏子は富裕な家庭に育った教え子だった。竜彦たちはホテルで、山名という日本人の新聞記者と出会う。山名は「プラハの春」の話を持ち出すが、竜彦は聞き流す。翌日山名が、飛行機の出発前に近郊の農村を案内してくれることになった。みごとな農村風景を楽しんだあと空港へ。だがその道すがら、先ほどの村に重大な歴史の爪痕があることを山名から聞かされる。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード