【最新刊】靖国問題の核心

靖国問題の核心
1冊

三上治 富岡幸一郎 大窪一志

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

内閣総理大臣のパフォーマンスや政争、外交問題の具と化してしまった“靖国”。置き去りにされているのは“英霊”ではないのか?現代日本の陥穽を象徴するかのように九段に建つ靖国神社。そこから一望できる皇居(天皇)、焼け跡(戦争)と復興(現代)の日本。その日本に向けて3人の論客が“靖国の本質”を問う!

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード