僕とツンデレとハイデガー

堀田純司

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「変わらない真実ってどこにあるんだろう」“ダメ”サラリーマンの主人公は、美人上司の眼前で事故に遭い、そのままイデア学園の高校生として転生する。ところが、学校には歴史的な哲学者の“顕現”である七人の美少女がいて、彼女たちから秘密の課外授業を受けるハメに……。『生協の白石さん』『電書マガジンAir』を仕掛けた鬼才が満を持して放つ、本格哲学&萌えノベル。実は本格的な本書、著名哲学者の木田元氏も推薦!

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/23Posted by ブクログ

      プロローグ
      第1章 月曜日神の存在を証明しよう
      【ルネ・デカルト】
      【Rene Descartes 】
      ・世界の真実の見つけ方
      ・この世界でたった一つだけ確実なもの
      ・心と体はそれぞれ別の実体である
      ...

      続きを読む
    • 2014/11/27Posted by ブクログ

      休日のある日、図書館でなんとなく哲学書の棚を眺めていてふと目に入った本書のタイトル。小難しそうな本が並ぶ中、明らかに浮いている。
      これまたなんとなく手に取り、表紙を見て借りてみることを決断。ジャケ買い...

      続きを読む
    • 2011/10/14Posted by ブクログ

      哲学書を読んだことは無いけど、これはかなり良い初心者向けの本だと思った。萌え成分はおまけ。会話形式でわかりやすく有名どころの考え方や、誰の影響を受けていたかを教えてくれる。

    開く
    [{"item_id":"A000077415","price":"1320"}]

    セーフモード