走る意味 命を救うランニング

金哲彦

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    箱根駅伝5区「山登りの木下」で名を馳せた金哲彦。早大中村清監督との訣別、在日としての葛藤、ガン闘病、復活のサブスリー、長距離界のカリスマが初めて明かす衝撃の書。すべてのランナー必読!

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(26件)
    • 2010/04/16

      走る楽しさは、まったくわからない人間です。
      あまり、わかりたいとも思いません。
      マラソンを完走した後に、すごい達成感の地平が広がっているのだろうとは想像できますが、そこまで到達することは私にはできませ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2010/12/18

      [ 内容 ]
      早大監督との訣別、在日としての葛藤、ガン闘病、復活のサブスリー。
      長距離界のカリスマが初めて明かす衝撃の書。

      [ 目次 ]
      序章 二〇〇七年、復活のゴールドコーストマラソン
      第1章 二...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/01/27

      実業団マラソンランナー、監督を経て、市民ランナーの指導者となった著者・金哲彦氏の自伝的著作。ガンを経験し、走ることが生きる喜びそのものとなった著者の綴る「走ること」の全て。細部にまで内省的な視線が注が...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード