走らなあかん、夜明けまで

大沢在昌

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    生まれて初めての大阪出張。二十七歳のサラリーマン坂田勇吉(ゆうきち)は、企業秘密の新製品を詰めたアタッシェケースを、手違いから堀河組というやくざに持って行かれてしまう。取り戻すには、敵対するセンバ会から取引代金の五千万円を奪わなければならない!日本一不運なサラリーマンが走る!シリーズ第一弾。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/02/12Posted by ブクログ

      東京の大手製菓会社に勤めている勇吉は、変哲もない普通の男。その勇吉が新製品のプレゼンの為大阪を訪れた。新製品のチップスの入った銀のアタッシュケースが、ひょんな事でヤクザの取引用のアタッシュケースと取り...

      続きを読む
    • 2012/05/17Posted by ブクログ

      新宿鮫、アルバイト探偵に続いてこれを読みました。今まで読んだ中では1番軽く読めるかな、という印象。
      マフィアやスパイが敵じゃなくて、敵がやくざだったからかもしれません。やくざが軽いというのもどうなんだ...

      続きを読む
    • 2015/08/19Posted by ブクログ

      東京のサラリーマンが出張先の大阪で大事なアタッシュケースを奪われる。
      その中には明日の会議にどうしても必要な物が!
      だけど、取り返す相手はなんとヤクザだった…
      不運なサラリーマンが大阪の人情に触れなが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000077294","price":"550"}]

    セーフモード