【最新刊】背徳のオイディプス

背徳のオイディプス
1冊

仙道はるか

486円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    このあとの丹野の台詞は、聞いてはいけないような気がした。聞いたら最後、もう二度と幸せにはなれないような予感がする。静流は無意識に耳をふさごうとしたが、無情にも間に合わなかった。「静流くんの父親は、国塚じゃないか」その瞬間静流の周りからすべてが消えた。……愛していたのだ。血のつながりがあると知った今でも、まだ国塚を愛している。なんて、なんて罪深い……!

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード