野川

古井由吉

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    急逝した友人の一周忌近く、故人からの遺贈として届いた一枚の絵地図。友人が好んだ野川の散歩道を描いた絵の片隅で、大人が子供の手を引いていた。それは子を妊った娘の未来像か、東京大空襲の翌朝に母親と歩いた荒川土手の風景か――。はるか時空を往還し、生と死のエロスの根源に迫る、古井文学の到達点。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード