【最新刊】塗仏の宴 宴の支度 (3)

塗仏の宴 宴の支度

京極夏彦

524円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「俺個人がねえだと?」。胡乱な健康法を伝授する「長寿延命講」のからくりを暴き、嘯く“心霊少年”藍童子の言に刑事・木場の心は乱れた。折から富豪・羽田隆三の依頼に応じて伊豆下田に赴いた織作茜の前に再びあの男が現れていう。「しりたいですか」。それは新しい道ならぬ黄泉路へと茜をさしまねく声だった。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 塗仏の宴 宴の支度 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      塗仏の宴 宴の支度 全 3 巻

      1,572円(税込)
      15pt獲得

    レビュー

    • 2009/06/02Posted by ブクログ

      後編である塗仏の宴(宴の始末)も同時にレビューで。
      あ、推理小説物というカテゴリは抜きにしての感想で。

      これまでの京極堂シリーズに登場してきた人物が次々に登場しては同時多発的に発生する事件に巻き...

      続きを読む
    • 2020/06/07Posted by ブクログ

      読みすすめるにつれて、とまらなくなる。
      同じ本を読んでも、今の年齢と過去に読んだ頃の年齢では感じるものも響くものも違うんだって改めて気づく。
      だいたい、人の心って案外簡単に操られてしまうんだなって。「...

      続きを読む
    • 2013/11/30Posted by ブクログ

      「私はいつだって、何も解っちゃいなかったのだ―」。元編集者・加藤麻美子を悲嘆の淵へ突き落とした修養団体「みちの教え修身会」と“謎の薬売り”尾国誠一の暗躍に関口は呟く。一方で古武術の一派「韓流気道会」に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード