共に在りて 陸前高田・正徳寺、避難所となった我が家の140日

千葉望

1,242円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

    東日本大震災の大津波は著者の生家・陸前高田の高台にある正徳寺の真下にまで及んだ。その夜から寺に避難した人は最大で150名を数え、庫裏での共同生活が始まった。住職で市役所職員の実弟と坊守の義妹、地域のリーダー、たじろぎつつも支援に立ち上がった全国の僧侶たちの活動を追った、心揺さぶるノンフィクション。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード