出合茶屋

阿部牧郎

550円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    爛熟した町人文化が花開いた、文政年間(1818~30)の大坂。元武士の町之介は貸本屋稼業に精を出す傍ら、豪商の後家・綾乃、旦那替えを頼まれた妾奉公のお菊、公家に仕える京娘・佐知ら女たちとの逢瀬を重ねてゆく。活気あふれる浪速を舞台に、男女の愛と性の営みを大胆に描く、好評『後家長屋』続編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード