【最新刊】絡新婦の理 (4)

絡新婦の理

京極夏彦

524円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「あなたが――蜘蛛だったのですね」。桜の森の満開の下に響く京極堂の声。いまや恐るべき大計は成就した。だが、何故にかくも累々たる骸が晒されねばならなかったのか。神代の昔から続く理を開顕した陰陽師の発する哀しい問いに「真犯人」の答えは……。古今未曾有、瞠目の構造を織り上げた京極文学の金字塔。

    続きを読む
    提供開始日
    2012/11/24
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 絡新婦の理 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      絡新婦の理 全 4 巻

      2,096円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ■内容(「BOOK」データベースより)
      「私は半ば望んで壊れたのです」。土牢に閉じこめられていた“あの男”は、久遠寺老人を前にしてそう告白した。ちらつくのは幼女・鈴の影。山内の僧はみな口篭もる。しかも...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ■内容(「BOOK」データベースより)
      「あなたが―蜘蛛だったのですね」。桜の森の満開の下に響く京極堂の声。いまや恐るべき大計は成就した。だが、何故にかくも累々たる骸が晒されねばならなかったのか。神代...

      続きを読む
    • 2020/07/10Posted by ブクログ

      ■内容(「BOOK」データベースより)
      「ふふふふふ。蜘蛛を信じる仲間ですわ」。房総の女学校・聖ベルナール学院の生徒・呉美由紀は校内に潜む背徳の行為と信仰を知って戦慄する。連続目潰し魔に両目を抉られた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード