【最新刊】ψの悲劇 The Tragedy of ψ

Gシリーズ
11冊

森博嗣

864円(税込)
ポイント 8pt

通常ポイント:8pt

遺書ともとれる手紙を残し、八田洋久博士が失踪した。大学教授だった彼は、引退後も自宅で研究を続けていた。失踪から一年、博士と縁のある者たちが八田家へ集い、島田文子と名乗る女性が、書斎にあったコンピュータから「ψの悲劇」と題された奇妙な小説を発見する。そしてその夜、死が屋敷を訪れた。失われた輪を繋ぐ、Gシリーズ後期三部作、第二幕!

続きを読む

レビュー

3.9
100
5
29
4
40
3
30
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/07/02Posted by ブクログ

    最後にびっくりすることが待ってた。
    GシリーズとかVシリーズを読み返したくなる
    色んな人達の関係が繋がってやばい

  • 2019/06/22Posted by ブクログ

    Gシリーズの10。島田文子が主役。淡々と進んで終盤にグッと味が濃くなるというのがこのシリーズ。謎解きが主ではなく、すでに推理小説という感じではない。これまでの登場人物の関係がわかってきて興味深い。χψ...

    続きを読む
  • 2019/06/08Posted by ブクログ

    この人、誰?的な人が主に登場するお話。
    何やら怪しげな事件が起きます。
    いつものように、解決はしません。
    過去の事件の一部の真相みたいなものが明らかになってる気がしてますが、本当かどうかは断定できませ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード